先生

病気に負けない|c型肝炎を排除してくれる

腸疾患の症状と予防

男性

腸疾患の一つである直腸がんは、他の軽度な疾患に症状が似ているため、誤診が起こったり発見が遅れやすい病です。そのため、直腸がんの症状を知り、早期発見・早期治療に繋げるといいでしょう。直腸がんの代表的な症状には血便が挙げられます。痔など他の疾患の血便は、外用薬を使用したり時間が経過すれば症状が治まります。一方で直腸がんの血便は慢性的で、中々治らないだけでなく血液の量が増えていきます。他の症状には残便感があり、便意がなくても腹部に張りなどの違和感が続きます。この症状も慢性的であることに注意が必要です。上記のような症状が出た場合は、応急処置として外用薬などを用いながら、早めに医療機関を受診しましょう。

直腸がんを発見するための検査は、定期的な健康診断における便検査が役に立ちます。便検査では血便の有無を調べますが、直腸がんでは目では確認しづらい程度の出血が起こっていることがあり、便検査はその場合の早期発見にも役立ちます。しかし、直腸がんが起こっていても出血が起こっていないこともよくあり、その場合は内視鏡などの精密検査が必要です。逆に、血便が見られるからといって必ずしも直腸がんだとは限りません。痔などの重篤でない疾患でも血便が確認されるため、過度に不安にならないように注意しましょう。このように、直腸がんの症状や検査に関する知識を深めた上で、油断したり過度に不安になるのではなく、冷静に疾患と向き合うことが必要です。