病棟

病気に負けない|c型肝炎を排除してくれる

腸疾患の症状と予防

男性

直腸がんは代表的な腸疾患の一つで、症状としては慢性的な血便や残便感が挙げられます。定期的な健康診断では、血便が出ている場合の直腸がんの発見が期待できます。正しい知識を得た上で、油断したり不安になり過ぎたりせず、客観的な視点で直腸がんと向き合いましょう。

View Detail

転移しても治療できる理由

男の人

がんは驚異的な増殖力を持ち、離れた場所にも転移することで恐れられています。現代医学では抗がん剤や免疫療法で全身のがん細胞にダメージを与え、自然死に導くことが可能となりました。転移がんには局所転移と遠隔転移の2種類があります。特定臓器に限定された転移がんは放射線治療や手術での完治も可能です。

View Detail

肝臓内科の診療内容

看護師

肝臓内科は消化器内科の一種で、c型肝炎などの肝臓病の治療に特化していることが特徴です。治療は肝臓専門医が担当し、c型肝炎や肝硬変、肝機能障害などの治療が可能です。ウイルス性肝炎のc型肝炎の治療ではインターフェロン療法が行われ、c型肝炎の原因であるc型肝炎ウイルスを体内から除去します。B型肝炎の治療では抗ウイルス剤の投与による薬物療法で治療を行います。症状によってはペグインターフェロン療法を行い、B型肝炎の完治を目指します。肝臓内科では肝臓がんの治療も行われており、経皮的ラジオ波焼灼療法で悪性腫瘍を摘出します。大きな腫瘍は除去することはできませんが、直径3cm以下の腫瘍であれば肝臓内科で摘出することが可能です。

肝臓病の治療は一般内科や消化器内科でも可能ですが、肝臓内科だとより専門的な治療が受けられます。一般内科や消化器内科の医師は必ずしも肝臓専門医ではありませんが、肝臓内科の医師は肝臓専門医ですので、的確な治療が受けられます。c型肝炎にはc型急性肝炎とc型慢性肝炎があり、c型慢性肝炎は放置すると肝臓がんや肝硬変につながるので要注意です。c型慢性肝炎の患者は増えており、日本人の100人のうち1人から2人はc型肝炎ウイルスのキャリアであると言われています。肝臓内科ではc型肝炎の検査を気軽に受けることができ、c型肝炎ウイルスの感染の有無がすぐにわかります。c型肝炎は早期治療をすることが大事ですので、疲れがなかなか取れないような時には、肝臓内科で精密検査を受けることをお勧めします。

初期は気づきにくい病気

医者

卵巣がんは、がん細胞を検査しないと良性か悪性かわかりません。ほとんどの場合が良性が多いですが、悪性もあります。早期発見でおりものの量、臭い、不正出血、腰痛などで判断することができます。定期的な検査も進んで受けましょう。

View Detail